« チキングリル・ペパー&スパイシー | トップページ | じゃがいものガレット »

2015/03/25

松陰神社

Dscn8484


松陰神社、先日の温泉旅行の翌日、萩へと足を伸ばしお参りしました。
NHK大河ドラマ『花燃ゆ』の舞台にもなっており、のぼり旗も見えます。


Dscn8491


松陰先生の大きな絵馬があり、未年の2015年開運招福。
左は飯田俊徳、11歳で松下村塾入塾と書かれてました。
萩の夏みかんと、笠山椿群生林の椿がとても綺麗です。


Dscn8500


松下村塾、ここで、松陰先生が塾生を教えておられたところだと
改めて思いながら見ました。


Dscn8503


講義室と書かれています。松陰先生銅像と机があります。

Dsc00186


松陰神社の中には、杉家の家屋があり、大河ドラマで見る舞台と
ほぼ同じだなぁと、しみじみ眺めました。


Dsc00182


米搗室旧位置と書かれた立て札があったので、ここでお米を搗いて
いたようです。


Dsc00189


井戸がありました。
松陰神社は、子供の頃から何度も行っているのだけど、こんなに
じっくり見たのは初めてでした。やはり、『花燃ゆ』舞台だと思うと、
違う見方をするのかなぁ。

Dscn8499


親思うこころにまさる親ごころ けふの音づれ何ときくらん
吉田松陰の歌

松陰神社でお参りした後、吉田松陰誕生地へと向かいました。
吉田松陰の実家、萩藩士杉家の旧宅地があります。
それは、また後日紹介しますね。

別館ブログ」に、吉田松陰にちなんだお菓子を紹介しています。
器にも、萩焼を使っていますので、良かったら見てください。


さらなるグルメ情報は⇒blogranking


人気ブログランキングへみなさまの応援が励みになります♪


Oisix(おいしっくす)


« チキングリル・ペパー&スパイシー | トップページ | じゃがいものガレット »

コメント

「花燃ゆ」毎週、楽しみに観ています(^^)
女性の目から幕末を見るのも楽しいもんですね!
萩は今年あつい!!!ですね。
松蔭先生の「親思うこころにまさる親ごころ けふの音づれ何ときくらん」
って。。。子どもの頃母親がよく口にしてたんですよ。
物心ついて初めて、松蔭先生の言葉だと知りました。
好きな言葉です(@^^@)

※ちいちゃん
花燃ゆ、観られてましか。
女性には受けやすいのかもしれないですね。
萩へ行くと、やはり、花燃ゆののぼり旗などあると
活気を感じるものですね。(#^_^#)

お母さんが、あの歌を口にされていたとは凄いな。
確かに、親の気持ちがしみじみと解る言葉ですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43689/61324835

この記事へのトラックバック一覧です: 松陰神社:

« チキングリル・ペパー&スパイシー | トップページ | じゃがいものガレット »

TBピープル