« 大根とニンジンのきんぴら | トップページ | カブとベーコンの重ね焼き »

2015/01/15

銀河釉の世界へ 中尾哲彰 作陶展

Dscn6630


「銀河釉の世界へ 中尾哲彰 作陶展」・・と題しまして
今月9~12日迄、下関のバグダッドカフェ ギャラリーにて開催

『銀河釉』ってなんだろう?
見た事も聞いた事もなかったのですが、そこに強く惹かれて、
陶芸家・中尾哲彰さんの個展に、触れて来ました。

青い色、紺碧のよう。そして、対照的な白い色。

Dscn6625


案内の葉書で見た『銀河釉』は、まさにこのすーっと伸びた器。
実際に見ると、銀河を真っ先に思い浮かび、宇宙が広がります。


Dscn6617


色合い、形、それぞれに違い、見入ってしまいます。真っ先に撮った1枚。
よく見ると、可愛らしい置き物、干支の未ちゃん。


Dscn6618


気楽に使えるお湯のみや酒器、ワイングラス、ビアグラスもあり、
ひとつ一つを手に取りながら見ていきました。


Dscn6620


ビアマグ、白色と一言では言えない、奥ゆかしい味わいがあります。
こういう器で、ビールを飲むと、とびっきり美味しそう。

Dscn6628


これが、『銀河釉』、重厚な壺にちりばめられたきらきら光る星の
ようでもあり、感銘を受けます。

Dscn6633


茶道具の建水、中に広がりを感じる器。
遠州流の家元と出会われ、茶道具もつくられています。

中尾哲彰さん、全日程在廊で、「どうぞ手に取って下さい。」と
お声かけて頂き、手に持つと軽いのに吃驚しました。
水指はじめ、水が入った重量を考えて、人が持つ事を前提に
つくっておられるとの事。


Dscn6640


四角い器、凄く綺麗な色で、これ欲しいなと思いつつ、眺めていました。

何せ、ヨーロッパを中心に公募展に出品され、2003年「フランス・パリ・
美の革命展INルーブル」の陶芸部門でグランプリにあたるプリ・デ・リオン
受賞されている方。

お目にかかれ、作品に触れると、やはり、欲しくなってきます。

Dscn6639


四角いお皿も、いろんな色があるので、迷ってじ~っと眺めてました。
「この器なら2つの色を楽しんで頂きたいので、2つを勧めます」と仰り
もう1つ、こちらも良いなと迷っていた器を手に取る・・・。


Dscn6638


エメラルドグリーンでしょうか。この色も好み。
手前の器は、パスタなどにも使えますよと、気さくにお声掛けて
下さいます。
私が選んだものは、その奥の器。早速、お料理に使っています。

友達と一緒に見て、何とも楽しいひと時を過ごす事が出来ました。
また、持ち帰った器を使ったお料理は、後日紹介しますね。


さらなるグルメ情報は⇒blogranking


人気ブログランキングへみなさまの応援が励みになります♪

Oisix(おいしっくす)


« 大根とニンジンのきんぴら | トップページ | カブとベーコンの重ね焼き »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43689/60972371

この記事へのトラックバック一覧です: 銀河釉の世界へ 中尾哲彰 作陶展:

« 大根とニンジンのきんぴら | トップページ | カブとベーコンの重ね焼き »

TBピープル