« かぼちゃの煮物 | トップページ | 豚玉お好み焼き »

2014/10/26

萩・田町 萩焼まつり

Dscn3913


第17回になります『萩・田町 萩焼まつり』が11・12日の帰省中に
開催されていて、初めて覗いて見る事に。

萩市田町商店街は、私が子供の頃、色んなお店で賑わっており
自転車で通る方や歩いて買い物に行く方で、溢れてましたが、
時代の流れで、少しずつ、さみしくなってきていました。

そんな中、秋の萩焼まつりにと、アーケードを歩き、随分と活性化
しているのを感じ、嬉しく思いましたよ。


Dscn3917


色んな萩焼の窯元がある中で、珈琲ドリップ、目に留まり、いつか
持ちたいなぁと密かに。coldsweats01


Dscn3918


萩焼のお抹茶茶碗、やはり、重みを感じます。
右側にあるのは、酒器。こういうのも、なかなか渋いなぁ。

Dscn3920


粉引の清水啓功・・・とありますね。
業界初だとか、粉引の意味が、あまり分かっていない私です。(^^ゞ


Dscn3919


清水啓功さんの萩焼、白っぽい色が、なんだか優しく感じます。
ご飯のお茶碗や色んな形のお皿、また、フリーカップなども。


Dscn3915


「萩の台所 とれたて」とあり、新鮮な果物や野菜など、いっぱい
ありましたよ。
左の青いポスター、’地産地生’ やっぱ好きっちゃ萩sign03
赤い凧は、萩市見島の鬼楊子。

Dscn3922


買う気はなく、田町アーケードに行ったにも関わらず、やっぱり、
欲しくなったのが、船崎窯の黒い器。

箸置き、豆皿にもなり、色々と多用できそうだし、手に持った時、
丁度いい薄さで、しっくり来たんです。1枚600円。
左のうねりのある箸置きも、形が面白い。

Dscn3923


スプーン・フォークレスト、これは、萩焼では初めて見た気がします。
ギザギザの形が面白い。

Dscn3924


最近、我が家の食卓に、よく登場している、深みのある中皿。
豆皿とお揃いで、シックでモダンな雰囲気に・・・。

青の入り方が、それぞれに違うので、一番気に入ったものを。
花入れもあり、思わず買いそうになりました(笑


Dscn3908


田町アーケードを抜け、たまち広場の隣、「萩往還」の石碑があり、
何年か前に出来ています。ベンチもあるので、ちょっとひと休みも。

Dscn3910


隣の白いテントのある広場では、萩 グルメまつりが行われており、
焼きそばなどもあり、好きなものを、その場で食べれるよう。

会場マップに、おもしろ大発見とあるように、大いに楽しみました。
tazzと言うオリジナル雑貨・萩焼の店では、私が好きな、藤本剛さんの
陶器はじめ、LINE GKASS 吹きガラス・伊藤太一さんのガラスなども。

母は10~12日にある萩・竹灯路物語に行きたいと言ってました。
萩城城下町周辺だし、夜なので、なかなか行けません。
しかし、竹の灯篭って見た事ないので、いつか見てみたい。

10月の萩、楽しい事がもりだくさん。「おいでませ 萩へ」sign01

さらなるグルメ情報は⇒blogranking


人気ブログランキングへみなさまの応援、励みになります♪

Oisix(おいしっくす)

« かぼちゃの煮物 | トップページ | 豚玉お好み焼き »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43689/60540194

この記事へのトラックバック一覧です: 萩・田町 萩焼まつり:

« かぼちゃの煮物 | トップページ | 豚玉お好み焼き »

TBピープル