« 鶏肉と白ネギの香味ソテー | トップページ | エキナセアとオレンジピールのハーブティ »

2009/04/04

イワシの塩焼き

Dscn2031


<材料>                  2人分
イワシ                      2匹
塩                        適量
白ネギ                     2/3本

<作り方>
1.イワシは内臓を除け、水でよく洗って、キッチンペーパーで
  水分をふき取り、塩をぱらぱらと振る

2.白ネギは5cm長さに切る

3.魚焼きグリルで1を入れて焼く
  2を魚の隙間にのせて、一緒に焼き、両面、程よい焼き色が
  ついたら、器に盛る


* お刺身が続いていた晩ご飯にも、ちょっぴり変化が欲しく、
  焼き魚にと言う事で、イワシの塩焼きを作りました。

* 子供の頃、母がよく、イワシの尾んぼ焼きと言って、内蔵も
  除けず、そのまま1匹焼いたのが出ていました。
  旦那さんに、除けずに焼こうかと言うと、除けてと言われたので
  このように。


さらなるグルメ情報は⇒blogranking

レシピはこちらにも⇒料理ranking

⇒リニューアルして見応えあり

« 鶏肉と白ネギの香味ソテー | トップページ | エキナセアとオレンジピールのハーブティ »

コメント

サバとはまた違ったあっさりした上品な身は大好きです
どうして節分のときだけしか食べられないのか不思議で仕方ありません

こういう魚は内臓のホロ苦い味がいいんですよね
どちらかというと秋刀魚や鰯はそのままいただきたいです

うさうさちゃん☆こんばんわー
鰯も高くなったよね。
この頃、スーパーでもあまり見かけない。

うちも、うさうさちゃんのお母さんと同じで魚の内臓は、取らずに調理だよ。
サンマもそのまま煮ちゃう。

何か、このような盛り付け方だと
高級料亭の・・みたい♪

イワシ、冷凍庫の中で眠ってます(笑)。内臓の処理、やっぱりしないといけないですよね。。。魚の処理って苦手なので、どうも食指が動かず、そのまんまです。。。
魚料理ができるのって、料理上手だなあって思います。

イワシは、塩焼きで食べた事ないかもしれません。
煮る事が多いです。
サンマは内臓そのままで私は焼きますが、イワシもそのままでもいいのですね。

★ひろさん、
イワシって、ほんと、サバなどよりも、
さっぱりとしていますね。
子供の頃は、週に1度は食べていたような。
内臓のホロ苦い味も、またいいですよね。

★えすちゃん、
イワシは、昔に比べると、うんと高いね。
魚の内臓は、取らずに調理なんだね。
うちの母もそうだったけど、旦那さんが
取った方がいいって言うのよ。
盛り付け、そんなに誉められると照れるよ。

★coplyさん、
冷凍庫の中で眠っていますか(笑
内臓除けるのって、ちょっぴり面倒ですね。
まあ、でも、食べやすくはなります。
我が家は、肉より魚料理が多いかな。

★persianさん、
塩焼きより、煮る事が多いですか。
子供の頃から、塩焼きが多かったなぁ。
イワシ、内臓のままでOKですよ。
サンマもそうしたり、除けたりです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43689/44491134

この記事へのトラックバック一覧です: イワシの塩焼き:

« 鶏肉と白ネギの香味ソテー | トップページ | エキナセアとオレンジピールのハーブティ »

TBピープル